ADYアディー事業部の福祉施設開設サポート
~福祉施設建設を通じ地域社会に貢献します~

な ぜ         福祉施設に取り組むのか…
                福祉施設を取り巻く現状

福祉施設運営について

まだ まだ 足りない高齢者の住まい

今般の日本では、高齢化が世界のどの国も経験したことが無い速度で進んでいます。
2025年問題、病床数の削減などを背景に今後も高齢者の住まいの確保が求められます。

障がい者の住まいが不足しています

・社会生活環境の変化など様々な理由により障がい者の方々は年々増加しています。
(知的障がい者:年間約300人 精神障がい者:年間約500人 左記の数で増加「大分県障がい福祉計画より」)

・大分市での障がい者住居の供給率は精神障がい/知的障がい者人口に対し10%以下

・在宅で障害者を介護されているご家族の高齢化・家族や地域の受け入れが無い、住宅の確保ができない等の理由で退院ができない(社会的入院)

①人工動態的にみても需要と供給のバランスが取れている

②建物により、国や地方公共団体より補助金及び税制面の優遇制度あり
 国策として建設を後押し