ナーシングホームのご提案

~医療依存度が高い高齢者の新しい住まいのカタチを創造する~

賃貸アパートではない・・・・ ”土地の活用” をしてみませんか?


ADYアディ事業部では、新たな土地活用法として
「介護+医療」のサービスを提供するナーシングホームをご提案します!

 ナーシングホームが求められる背景(現状)とは…?

今の日本の病院は完治を目指す場所に変わり、急性期病床でも長くて2週間で退院をする。完治の見込みの無い難病高齢者は入院療養が必要なのに入院が出来ない状況。

必要なケアや医療を受けるための施設を探すが受け入れ先が見つからないことが多い。

療養は在宅で行うしかない状態。しかし、在宅療養は介護を行う家族の精神的・肉体的な負担が出てくる。一方で難病高齢者の、家族に負担をかけたくないという思いを持ちつつも「病院で最後を迎えたくない…」「家庭的な雰囲気で最後を迎えたい…」という声も多く聞く。

訪問介護ステーションは増加し利用者数も増加しているが、根本的な問題解決には至っていない。

2025年(※)、高齢者の人口の割合が30%を超えるといわれています。
ナーシングホームの存在は「超高齢社会」に突入したことにより
今後さらに需要が増えると考えられている”介護と医療を提供”できる施設です。

(※)2025年問題
①2025年には、4~5人に一人が75歳以上となるため医療費の増大や医療人材不足も考えられている。(加速)
②75歳以上になると国指定の難病を患うリスクが増加する。
③医療、介護サービスの利用者数もさらに増える。

未来を創る”土地活用”してみませんか?

土地活用

利回り8%

全室借り上げ

ナーシングホーム